記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアサスの圧力

我が愛車の後輪にはエアサスが装着されています

左右のエアサスの圧力は運転席でリリースバルブを回して調整します

針が重なっていて ちょっと判り難いですが赤い針が右側で黒い針が左側の圧力です

このリリースバルブはイギリス製でポンドなので単位がP.S.Iになっています

走行モードの圧力は21.75~87.0psiの間で使用するように注意されました

圧力を低くすればサスが柔らかくなり 高くなれば硬くなります

高速走行時は硬くして走行するととても安定して走りやすくなりますが 街中での一般走行では硬すぎて乗り心地が悪くなるので圧力を低くしてサスを柔らかくします

常に設定圧力を維持するため圧力タンク内に圧縮空気が入っています

道路の継ぎ目などに乗り上げてエアサス内の圧力が上がると「プシュ」と音がしてリリースバルブからエアを逃がしてくれます

P泊モードは116.0psiまで設定を上げると車内で動き回っても車が揺れません
車中泊の時には有効です

しかしP.S.Iという単位は馴染みが無いのでどの位の圧力か分かりにくいです

そこで こんな換算表を作ってスマホの中に入れてあります

換算表を作って分かったのですが 走行モードの21.75~87.0psiは約0.15MPa~ 0.6MPa
P泊モードの116.0psiは約0.8MPaなんですね
知っている単位にすると 少しスッキリしますね


では また来てください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokodemodoorgo

Author:dokodemodoorgo
チワワ ♂ のニモです

飼い主は、東京都在住の
オジジです

4年前 50代最後でセミリタイアしました

ほぼ毎日が日曜日になりましたが用事もたくさんあってお出掛けばかりできませんが 可能な限りキャンピングカー生活を楽しみたいと思います

ブログ村に参加しています
ポチっとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ブログ村

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。