記事一覧

発電機防音ボックス

先日の記事で「インバータ式ウインドエアコン」を900Wの発電機のエコスロットモード(1/4スロット)で動くかテストしました
その時に使用した防音ボックスについてご質問を頂きましたので簡単にご説明いたします

今回のテストで使用した発電機はヤマハのEF900iS 900Wの発電機です

yamaha1.jpg


我家にはもう一台 ホンダの1600Wの発電機EU16i の2台の発電機が有ります
honda2.jpg


ヤマハのEF900iSはキャンピングカーのお出かけ用
ホンダのEU16iは防災用にと思い購入しました
- - - - - - - - - - - - - - - - -

どちらもコンパクト設計で軽量 低騒音を売り物にしていますがコンパクトと軽量はまあ良いとしても低騒音は???です
これは普通のオープンフレーム型の発電機に比較して低騒音としているんでしょう
big_ebr2300cx.jpg


更に低騒音で使用するにはエコスロットモードで使用しますが 900Wの1/4ですから出力225Wです
これで「インバータ式ウインドエアコン」が動くかテストしたのが前回の記事でした

- - - - - - - - - - - - - - - - -

メーカーは低騒音と言っても 発電機はうるさくて防音を考慮しないと使えません
そんな訳で防音ボックスが必要になりましたので用意しました


まずはヤマハのEF900iSですが こちらは自作の防音ボックスを作りました
もちろん定格の900W運転でも発電機が壊れたり 火事になったりしません
市販されている防音ボックスのなかにはエコスロットモードでしか使えず 定格運転すると発電機が壊れてしまう困った品物も有ります
購入する時は注意が必要ですね

- - - - - - - - - - - - - - - - -

防音ボックスの製作途中の写真はほとんど撮りませんでしたので 残っている写真と資料で説明させてください

基本的には・・
・重量は18kgを目標とする
・完全防音は目的とせず 住宅密集地でも問題ないレベルの音圧とする
・蓋を閉じた状態で エンジン起動、チョーク操作、オンオフ操作、ココモード切替ができる構造とする
・車内から遠隔で発電機の「温度」「回転数」「運転時間」の確認ができること
・同じく車内から遠隔で「ココモード切替」「停止」ができる事
4番目と5番目の項目は小型の操作ボックスを作成し車内に取付して遠隔操作することとしました

以上を踏まえて製作を開始しました


- - - - - - - - - - - - - - - - -
箱の材質はパネコートを使用しました
IMG_1420[2]


パネコートは12mmのベニヤ板に黄色のウレタン塗装をした材料で コンクリートの型枠に使用する材料です
900mm x 1800mmのベニヤ板の重量は1mmの厚さで1kgあるそうで 厚さ12mmですから12kgです
パネコートは約1枚使いますので これに防音シートの重さが加わると目標の「全体重量18kg」は早くもオーバーしそうです

まず最初はボックスの大きさの検討です
発電機の取扱説明書から発電機の外観を切り出し CADでボックスの大きさを検討します
パネコート2004 Model (1)[1]

板取り寸法図です
パネコート2004 Model (2[1][1]



初めての木工ですので 道具も材料も分からない事が多く手こずりましたが 時間が余っていたのでノンビリ作る事としました
P1080529[1]


ボックスの防音はサンダムシートを使用しました
P1080532[1]

厚さ1.1mm 幅970mm 長さ10m 1本で35kgの重量です

これを内側に2重に貼りその上から波型スポンジを貼り重ねました
P1080708[1]
*写真には写っていませんが吸い込み側にも消音器を取付けました

発電機の空気吸い込み口周辺はスポンジの肉落としをして空気の流れを確保しました
P1080753[1]

箱ができたら塗装です 
今回はグリーンで塗ってみました
P1080756[1]

扉部分に穴を開け こんな具合でスイッチを操作できるようにしました
P1080747[1]

下の点検口はスターターを引くための物です
P1080757[1]


最初は排気ボックス部を収納式にして運搬時に小さくする予定でこんな形にしました
P1080758[1]

最終的に音が漏れやすいので収納式は取り止め 排気ボックス部は固定式としました
P1080837[1]

防水コンセントの上にあるコネクターは操作ボックス用ケーブルが繋がります
P1080839[1]

車内に付ける操作ボックスが完成していないので防水コンセントの上に仮に付けて試運転しています
P1080861[1]

- - - - - - - - - - - - - - - - -
さて出来上がりですが・・
結果はまずまずです

エコスロットモードは勿論 定格運転でも発電機の温度は安定していて問題ありません

重量は当初の計画よりアップしてしまい 23kgになってしまいました
もっと重くすれば静かになりますが そんな防音ボックスは誰でも作れますからねぇ
もう少し厚くて質量の大きい材質にするか 鉄板にすると防音効果が上がりますが これより重たいボックスは持ち運びが大変ですから今回はこれで良しとします


あとはキャンピングカーのエアコンを解決して900Wエコスロットで快適に使えるように工夫します




では また来てください

↓↓ポチっと お願いします↓↓ m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

ファンは無いのですか?

強制的に換気するファンがなくても内部温度は、問題が出るほど上昇しないのですか?
自作ボックスを作っている方は、たいていファンを付けているので驚きました。

こんばんは。流石、自作の域を超えてますね。コレは販売したら喜ぶ人沢山いるんじゃないですかね。
モニターとして人柱必要ならいつでも協力しますよ。
あっ、うちは発電機がありませんでした!

No title

綺麗な出来ですね(拍手)
音消しより熱対策が重要ですが、夏場の長時間運転で温度上昇が無ければOKですね。
消音は重量に比例しますから痛し痒しですが、キャンプ場などで短時間使うことが出来れば十分でしょうね。機会があれば見せてください。

No title

いよいよベールを脱ぎましたね。見せてもらおうとしながらお伺いせずにおりました。近々お伺い致しますのでよろしく。~(^◇^)/

No title

Alcedoさん いらっしゃいませm(__)m

必要以上に発電機の周りの隙間を開けずに気流を確保するとオーバーヒートは防げます

定格運転からエコスロットにした方が逆に温度上昇する時が有ります

強制換気量が少なくなるからだと思います

温度と回転数を監視していますので不具合が有ったら緊急停止できます

この方法が一番良さそうです

No title

bankerkonさん こんばんわ(^.^)

販売はできませんよ

詳しくは書けませんが 先日、東京消防庁の方と話しましたが木製の防音ボックスは可燃物なので問題が有るので(販売は)規制されるようです

No title

レオじじいさん ありがとうございます

初めての木工作なので手間が掛かりました

温度上昇は問題ないようなので 次はエアコンに取り掛かります

No title

ヨッシーさん

山荘からお帰りになったら連絡お願いします

駄作ですが持って伺いますよ

1600wの防音ボックスも改めて見て頂きたいと思います

No title

キャンカーに常時16iを載せていますが、過去4年間で使用したのは1度だけ。
その1度も途中でアイドリング充電に変えたので、非常用にした方が賢いですねw
家庭用なら多少大きくてもいいので、16iの専用BOX位でもいいかなと思っています。
木工は、得意ですが、気力が無いのでいつになるかわかりません(;^_^A

No title

monacoさん おはようございます

発電機の使用が1度だけとは勿体無いですね

16iは私も知人に一度(一晩)貸しただけで回してませんから同じような物です

でも用意して有れば災害時には頼りになると思います

はじめてコメントいたします

弊「一般道各駅停車の旅」のブログではコメントありがとうございました。
早速、貴ブログにもお邪魔いたした次第でございます。
同じキャンカー乗りだけあって、多数の価値観の一致を確認させて頂きました。
今後とも、貴ブログにはお邪魔いたしますので、よろしくお願いいたします。

どこかのキャンカーショーででもお会い出来そうな予感が勝手にしております。笑

No title

Takumaさん
お越し頂きましてありがとうございます
私のブログは大したことは書いてありませんが今後共宜しくお願いします
お近くにお住いのようですから近々お会い出来たら嬉しいですね

勉強になりました

こういう実例が拝見できると非常に参考になります。

パネコートは安くて丈夫で便利ですね。私も工作といえばパネコートです。

我が家のデイブレイクは吊り下げ式の備え付け発電機ですので、防音工事がやりづらくて仕方ありません。いろいろ思案するのですが、なかなかいい案が思い浮かびません。

No title

気梨桂さん いらっしゃいませ

初めての木工作でしたので結構手間が掛かりました

基本的な構造は西日本にお住まいの方のブログを参考にして作り始め、春頃に出来上がりました

材料の「サンダムシート」はネット調べても発電機の防音ボックスに貼っている方は1人しかいませんでした

私は仕事柄サンダムシートや鉛シート 吸音用グラスウール アルミパンチングメタル等々 職場に行けば転がっていますのでいつでも貰えますが、今回は半分くらい自腹です(^.^)

第二弾はこのボックスを更に防音する予定です

これからも宜しくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokodemodoorgo

Author:dokodemodoorgo
チワワ ♂ のニモです

飼い主は、東京都在住の
オジジです

4年前 50代最後でセミリタイアしました

ほぼ毎日が日曜日になりましたが用事もたくさんあってお出掛けばかりできませんが 可能な限りキャンピングカー生活を楽しみたいと思います

ブログ村に参加しています
ポチっとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ブログ村

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -